イマドキ男女の理想の職種


このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れの職業

今回は、日本国内における様々な職業や職種のうち「憧れの職業または職種」というテーマに着目して数多くの物事のピックアップやピックアップされた物事や出来事について具体的な検証の記述や確認の記述を施してみたいと思います。
まず、私達の身の回りの生活環境や社会環境の中での「多くの人が憧れるタイプの職業や職種」というキーワードから、どのような物事がピックアップされてくるでしょうか?
「憧れるタイプの職業や職種」という内容からは、「子供の頃に憧れた職業・職種」または「最近の子供が将来の夢として例にあがるタイプの職業・職種」という分野やカテゴリーが思い浮かびます。
よくテレビなどで「子供が好きな食べ物・料理ランキングトップ3!」という漢字でハンバーグ・カレーライス・から揚げなどの料理が例にあがっています。
それと同じような感じで、「子供が将来なりたいと思っている職業や職種ランキングトップ3!」というテーマのアンケート結果などが放送されています。
私が最近見た内容ですと、パイロット・プロ野球選手やプロサッカー選手のようなスポーツ選手・医者や弁護士などの職業が例に挙がっていました。
最初のパイロットや野球選手などの職業は「夢があって、いかにも子供らしい」と思えるのですが、最後の医者や弁護士は妙にリアルで少しビックリしました。
私自身も子供の頃は、自分が将来なりたい職業や職種がいくつかありました。
私の場合は主に2つで、先程のランキングにも載っていたプロ野球選手という職業やテレビのアナウンサーという職種に少しながら憧れていました。
子供の視点や感覚なので、やはり「カッコいい職業」「人から注目される職種」に強い憧れや存在感を感じたのをよく覚えています。
他にも憧れの職業や職種について様々な確認の記述や検証の記述を施してみたいところですが、この項目における残りのページ数や文字数が心もとなくなってきてしまいましたので、続きの文章の記述は次項以降の項目に持ち越してみたいと思います。

Copyright (C)2014イマドキ男女の理想の職種.All rights reserved.